健康章句品の口コミランキング 今売れてるのはコレ!
初乳に含まれる栄養成分「ラクトフェリン」で毎日の健康管理を!
   

2011年06月09日

うつ病治療の基本

こんばんは、闘病オヤジです。

うつ病の治療には、『休養』と『薬物療法』が欠かせません。

『薬物療法』は、前回お伝えしました脳の機能障害の為
薬を内服する必要が出てきます。

では、今日は治療の基本となる『休養』についてお話しします。


★☆★ うつ病治療の基本 ★☆★

どうして休養が必要になるの!?


うつ病はストレスを抱えているときや、心身ともに
疲れている状態が続いたとき、脳内の神経伝達物質が
うまく伝わらず、機能障害が起きて生じます。

そのため、治療には”うつ病”を悪化させ、治療の妨げ
となるストレスを出来る限り、減らすことが大切になってきます。

また、脳の機能障害により、心のエネルギーが不足状態に
なっていますから、エネルギーを取り戻すことが必要となります。

静かな環境でゆっくり休養すること

これがうつ病の治療の基本です。


じっくり休む必要があるの!?


病気の特徴として、右肩上がりの直線的に
回復する病気ではありません。

うつ病治療.jpg

治療中は必ずグラフのように良くなったり、悪くなったり
一進一退の不規則な波が続く中で、少しずつ良くなっていきます。

自分では回復したと思い、職場に復帰しても完全には
回復しておらず状態が悪くなる‥ということが多々あります。

そのため、2週間〜3週間単位で自分の状態の変化をみながら
波が平らに近付くまで、休養期間は十分にとることが
必要になってきます。


上手な休養のとり方とは‥


うつ病の治療の基本は、十分な休養をとることです。

抑うつ症状が強い時期と、回復してきた時の過ごし方
の注意点に気を付け、心のエネルギーを取戻しましょう。

 

◆抑うつ症状が強い時期◆

1. 体と心を休めるために「何もしない」ことを徹底しましょう。
(今は、休むことが自分の仕事だと考える)

2. 無理をすることは避けましょう。

3. 重要な決定は先送りにしましょう。
(うつ病の影響でマイナス思考となり、考えるのも面倒になり
 早まった決断をしがちです。)

4. 規則正しい生活を心がけましょう。


◆回復期◆      

1. 気が向いたら、少しずつ何かをやってみましょう。
(することで楽に感じられないときは控えましょう。)

2. 焦りは禁物です!!
 (何かをしたいと思い、することで気分が晴れるようなら
  かまいませんが、焦って何かをするのは状態を悪くします。)

うつ病は、れっきとした病気なのです。

きちんと直さず、中途半端な状態では
直るものも直りませんよ!

焦りは、禁物です!



【関連する記事】
posted by 闘病オヤジ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 心の病ーセルフケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
人気ブログランキングへ  人気ブログランキングへ 
                                                                                                                                                                                                                                                            
                                                                            
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。